最新副業ビジネス徹底調査まとめ

株式会社CLEAR(山田秀樹)、Livefarm(ライブファーム)の副業 口コミ・悪評を調査

LINEひとつで○○万円!の広告は信用できる!?

time 2021/03/17

昨今の新型コロナウィルスの影響で注目されてきている副業ですが、ただ一言で副業といってもその種類は実に多岐にわたります。ですが、その種類の多さゆえに、初めて副業を始めてみようと思う人にとっては、「どんな副業だったらちゃんと稼ぎが出るのか」という知識に乏しいという問題があります。

その中で問題の一つとなっているのが、よくGoogleなどの広告に出てくる「LINEだけで○○万円毎日稼げます」といったような広告の宣伝です。

一見すると、LINEだけで高報酬が得られるというのであれば、それが本当ならばとてもうれしい話ですよね。お金のためだけに仕事をしているという場合であれば、それこそ本業を超える報酬が得られるのであれば本業を捨ててもいいような話に見えるかもしれません。

ですが、まずはそういった話には危険があるかもしれないと思ってください。その根拠たる注目点をこれからいくつかあげます。

①仕事内容が明確ではない
もうこれに尽きるのかと思うのですが、大体こうした誇大広告もとい詐欺広告に共通するのは、実際の仕事内容が明確に記載されていないということです。もちろんどんな仕事でも仕事内容が100パーセント、最初から求人や情報に記載されているということはないと思いますが、どんな仕事に対してどのように報酬が発生するのかという、いわばアルバイト求人で「それが居酒屋なのか、本屋なのか、コールセンターなのか」といったような一番重要な「なんの仕事なのか」が全く明記されていないことがほとんどなのです。

それもそのはず、実際の作業は存在しないので書きようがないのです。

②やたらと高単価
誇大広告はその金額や作業の簡単さを誇張して、人の心を揺らがせることに目的があります。そこに付け込んで、最終的には参加費であったり資料送付費といったようなよくわからない費用をそれっぽく見せて請求し、巻き上げることを目的としています。つまり、魅力的に見える甘い条件や内容ほど、こちらの欲望に呼びかけてだまそうとしていると思いましょう。

こうしてみると、「いやいや、そんなことはわかってる」と思われるかもしれませんが、実際においしい話にだまされるときの人間の心理は「わかっていることでも見えなくなる」ものです。つまり、こうした当たり前に見える啓発もちゃんと目を通して自分の肝に銘じなおすということが必要なのです。副業ライフを成功させるためにも、まずは堅実に報酬が低くても着実に細かい仕事をこなしていくことを念頭に置きましょう。